バルコニー日和

ほんのりと幸せな日々のよしなしごと

夫の悪夢

夫はふだんあまり夢を見ないほうですが

時々「わーびっくりした。悪夢見た……」と言って飛び起きることがあります。

 

その“悪夢”、本人は本気で焦っているようなのですが、いつも訳がわからなくておもしろいのです。

もっとも、夢なんて大抵訳わからないものといえばそうなのですが。

 

今まで聞いたなかでも一番訳がわからなかった“悪夢”は、

住んでいるマンションのバルコニーにタンクローリーが飛び込んできたというもの。

 

バルコニーに面した寝室でいつものように寝ていると、窓の外をいきなりタンクローリーが爆走していたのだそう。

しかも、そのタンクローリーはそのまま突っ走り、バルコニーの柵をつき破って1階まで一気に落下したのだとか。

 

「え、それって乗ってた人は?」と夫に聞くと

「ぜんぜん無事。なんかあざやかに着地してた」とのこと。

 

勝手にバルコニーを走って柵を破壊された事にさすがに怒った夫。

バルコニーで育てているお花も当然ぐちゃぐちゃになってしまったので

(ツッコミどころはそこじゃない気もするけど……)

1階に無事着地して一息ついているタンクローリーの運転手に向かって

「何するんだお前ー!」と怒鳴ったのだそう。

 

すると、タンクローリーの運転手(強面の男性だったらしい)は

「上の階の人に聞いてみろ!!」と怒鳴り返してきたとのこと。

 

「ええっ、上の階の人が!?」と上を見上げた夫。

 

「……って、うち最上階じゃん!!」

 

そこで目が覚めたそうです。

 

「いやー、ほんとにびっくりしたよー。夢でよかった」

と夫は真剣な顔で話してくれたのだけど、どう聞いてもコントにしか聞こえず。

しかもオチまでちゃんと付いているのがすごい。

 

だいたいこんな内容ばかりなので、夫の“悪夢“を聞くのがいつもちょっぴり楽しみなのです。

次はどんな小噺……ならぬ、悪夢の話が聞けるでしょうか。