バルコニー日和

のんびりと過ごす日々のよしなしごと

宝塚星組観劇〜RRRと、ヴィオレトピア客席降り事件

大好きなトップスター、礼真琴さん率いる宝塚歌劇団星組公演を観に日比谷まで行ってきました。

昨年の夏に『1789』を観に行って以来の東京宝塚劇場です。

忘れもしない、昨年の8月15日。その日は1幕が終わった時点で急遽休演となってしまい、呆然としたまま有楽町を彷徨ったというかなしい思い出があります。

楽しみにしていた舞台が途中で中断してしまった残念さももちろんだけど、それよりも、何が起こったのかわからなくて心配な気持ちの方が大きくて。

 

今回の公演は、大ヒットインド映画を宝塚用に潤色した『RRR × TAKA"R"AZUKA ~√Bheem~(アールアールアール バイ タカラヅカ ~ルートビーム~)』とショー『VIOLETOPIA(ヴィオレトピア)』。

 

礼真琴さんが前回の1789を終えてから少しの間休養を挟んだこともあり、今回のRRRの大劇場公演にわたしが足を運べなかったこともあり。

約半年ぶりの生の舞台なのでわくわくが止まりません。

 

11時からの公演なので、軽く遅めの朝ごはんを食べていくことに。

ありがたいことに、同行の友人さとみさんが帝国ホテルのパークサイドダイナーを予約してくれました!

 

パークサイドダイナーで朝食といえば個人的にはパンケーキ一択。

ですが、パンケーキだけではバランスが悪いかな、とサラダも注文することにしました。

メニューに載っていたサラダは2〜3名分とのことで、1名分の量のミニサイズをオーダーしました。ドレッシングはバルサミコに。

 

そして、念願のパンケーキ!

かつてパークサイドダイナーがユリーカという名前だった頃から大好きなパンケーキです。

パンケーキもホイップバターもふわっふわ。

メープルシロップをたくさんかけていただくのがお気に入りです。

お肉も食べたくて、トッピングにハムも追加。(食欲旺盛)

最初にハムとサラダを食べてから、わたし的メインのパンケーキに挑みました。

いつ食べてもおいしい。

 

パークサイドダイナーは最近いつも並んでいるので、予約してくれたさとみさんに大感謝です。

 

さて、ゆっくり朝食をとった後は東京宝塚劇場へ!

今回は阪急交通社でチケットを取ったので、チケットカウンターで引き換えて劇場内へ。

受け取ったチケットを見ると、1階後方席上手側の席でした。

「後ろのほうの席だったね、ごめんね」

などと言っていたのですが、この席が神席だったことに気づくのはもう少しあと。

 

いよいよ、待ちに待ったRRR開演です!

わたしはオリジナルのインド映画は見ていないのですが、テンポよくお話が進んでいってダンスもたくさんで華やか。

すごいらしい、と噂に聞いていたナートゥダンスは想像以上に圧巻で、もっと長く見ていたかったくらいです。

 

こっちゃん(礼真琴さん)の歌やダンスは、これまでも最高だったのだけど、見るたびに上手くなっている気がします。途中の拷問シーンでは鞭打たれ芸が上手すぎて、本当に鞭が当たっているみたいでハラハラしてしまいました。

 

相手役のなこちゃん(舞空瞳さん)演じるヒロインのジェニーもお人形のようにキュートだし、2番手の暁千星さん演じるラーマもかっこよくて存在感抜群。

極美慎さんが演じるジェニーの婚約者ジェイクも、お人好しの優男感がなかなかでした。

 

RRRを堪能したあと、幕間ではオヤジギャグ炸裂の公演デザート『甘な〜とぅをご存知か』を冷やかしたり、すみれ色(ヴィオレトピア色?)のノンアルコール公演ドリンクを飲んだりして過ごしました。

 

 

休憩後はショー『ヴィオレトピア』。

宝塚110周年にちなんで、110年咲き続ける舞台に魅了された者たちが集う場所、ヴィオレトピアを描いたショーらしいです。

全編通じて不思議な印象だけど、なんとなく引き込まれるショー。

 

そして! 事件は中詰の「リストマニア」の客席降りで起こりました。

わたしたちの席は1階21列の上手側の端(向かって右)でした。

ちょうど通路が目の前にあるので前の席の方の頭なども気にならず、後ろだけど見やすいしお手洗いも近くていいね、と言っていたのですが。

 

なんとこの席、客席降りでスターさんたちが前を通る場所だったのです!

しかも、下手側からやってきて曲がる角だからか、ちょっとゆっくり通ってくれる場所。

 

暁さん、こっちゃん、なこちゃんの順番でこっちに向かってくるのが見えてびっくりしていたら。

おそらくわたし、無意識のうちにアワアワして両手を広げていたのかも。

こっちゃんがわたしの手をきゅきゅっと2回ほど軽く握って、颯爽と通り過ぎて行ったのでした。

 

最推しに、ステージの最中に手を握ってもらえるとは。

……その後の記憶がちょっと抜けてしまったくらい衝撃的でした。

 

同じ呆然でも去年の呆然とは天地の差。

 

舞台が終わってからもしばらく放心状態で、我に返ってからはひたすらその話だけをし続けるという面倒な人になってしまったのでした。

 

惜しむらくは、客席降り以降気もそぞろでせっかくのショーの後半をじっくり観られなかったことです……。

千秋楽のライブ配信や、近日中に発売される円盤でじっくりと堪能しようと思います。

 

ウクレレ、ちょっとした変化

先月のことですが、ウクレレのライブ(という名の)発表会が行われました。

今回は4曲に出演しました。うち2曲は弾き語り。

 

当日は朝家で軽く練習してから会場へ。

ここのところ喉の調子がイマイチだったのでマヌカハニーをなめたり、温かいカモミールティーを持って行ってちびちび喉を潤したりしつつ。

 

そうそう、マヌカハニーは10年以上前からちょくちょく舐めているお気に入りのはちみつです。粘度が高くてスプーンですくいやすいところも、キャラメルのようなこっくりした味も気に入っています。

以前実家の母にあげたらやはり気に入って定期的に買っているようで「風邪をまったくひかないのよー。マヌカ毎朝なめてるから」とよく豪語しています。

わたしはちょいちょい風邪をひくので、基本的な免疫からして違うようにも思うのですが。

 

そして迎えたウクレレライブ。

がっくりなことに、相も変わらずぼろぼろでした……。

 

アンサンブルでは指を抑える場所を間違えてひとりで違う音を弾き出していたし、友人とのデュオでは楽譜を見間違えて1フレーズまるまる飛ばしたし、ソロでも指が抑えきれなくてミスの連続、かつサビの部分で声が枯れるという体たらく。

 

こうやって書き出してみると思った以上にひどいです。

 

やらかしちゃったなあ、としょんぼりしつつ、自分の出番のあとは司会も頼まれていたので、いつもよりも長い時間他の方の演奏を見ることができました。

 

そうして自分以外の方の演奏をじっくり見ていると、大きくふたつに別れるな、というのをつくづく実感。

わたしみたいに緊張してガチガチになっている、いわゆる発表会感が強い人と、ライブらしく場を盛り上げることができる人。

 

なにが違うのかなと思って先生にも聞いてみたところ

「楽譜はチラ見くらいで、客席に気持ちを向けると違うかも。プロのライブで楽譜じっと見てる人っていないですよね」

とのこと。

確かに!!と腑に落ちました。

 

もちろん技術の高さはあるとして『自分を見ているか、客席を見ているか』の違いは大きいですよね。

 

間違えないようにガチガチだと緊張感も客席に伝わってしまいますし。

リラックスして楽譜にかじりつかずに弾けるようになるためには、練習がもっともっと必要なんだろうけど、まずは覚えることからかなー。

 

多少間違えてもリラックスして弾いていた方が観ている方も気分がいいですよね。

かといって、上手くても自分に酔ったような演奏だとちょっと寒々しくなるし、視点をどこに持っているかって大事なんだなと。

 

ウクレレをはじめてもう2年? 3年? くらい経つので、そろそろ必死の発表会演奏から『見せるライブ』ができるようにシフトしていきたいものです。

 

発表が終わってから気が抜けてしまっていたけど、今年の夏にまた開催されるライブに向けてがんばるぞー。と、気持ちを新たにしたのでした。

 

弾き語りもしたいのでボーカルレッスンにも力を入れようっと。

ボーカルに関しては、もともと声が通らなすぎるふにゃふにゃの自分の声を活かしつつ、自分に合った声で好きな曲を歌えるようになれればいいなと思っています。

自分じゃない自分を目指さないのって大事。

 

おまけ。お気に入りのマヌカハニーはこちらです。

そろそろ買い足さなきゃ。

 

iPad Air4キーボード第3弾〜Smart Keyboard Folioへ〜

Magic keyboardから始まった、iPadAir第4世代用キーボード遍歴。

www.apple.com

 

Magic keyboardは白い色が可愛くてお気に入りだったものの、重さに耐えかねて持ち歩きを断念。

600gもあるため、iPadに装着するとゆうに1kgを超えてしまうんですよね。ちょっとしたノートパソコンよりも重たい計算に。

せっかくのiPadの良さが活かせないのです(1kg超えならむしろMac Bookでよくない……?)。

 

2代目はロジクールのポータブルキーボード、KEYSーTOーGO。

ピンクの色味もよくてとにかく見た目が可愛い。しかも軽くて気に入っていたのですが……

ただ、このキーボードは打鍵感が重ためなのがネックなのでした。

わたしの指の力が貧弱なせいもあるのだと思いますが、仕事用PC(Windowsノートパソコン)と同じ調子で軽いタッチで入力すると、力が足りなくてミスタッチが相次いでしまうのです。

力を込めて必死で打たないといけないので、ちょっと長い文章を打つと疲れ切ってしまうという……。

 

emilinbalcony.com

 

KEYSーTOーGOを使い始めて4ヶ月弱。

だんだんキーの重さにへこたれてきて、もうちょっと打ちやすくて軽いキーボードがあったらいいな、とネットで調べたり電気屋さんを巡る日々。

電気屋さんで店員さんに相談をしてみたところ、

「そうなんですよねぇ……特に女性は、よく打ちにくいっておっしゃる方がいらっしゃいます」

とのこと。(ですよね!)

 

店員さんのおすすめはApple純正のSmart  Keyboard Folio

なんといっても軽さはお墨付き(300gほど!)だし、Bluetoothでペアリングする手間もかからない。トラックパッドをあまり使わないのであれば、やはりこれがいいんじゃないかと思います、とのことです。

やはりAppleに戻るか……。

 

「あの、でも色が黒しかないですよね? 白があれば即決なんですけど、色がちょっと可愛くないかなと思って」

「そこなんですよね〜。せっかくお持ちのiPadピンクで可愛いですしね。なんで白ないんでしょうね」と店員さん。

わたしのしょうもない意見に同調してくれて優しい。

 

悩みながらも、軽さと打ちやすさを重視することにして、新たにSmart  Keyboard  Folioを購入して使用感を試してみることにしたのでした。

 

果たして。

まだ慣れていないので打ちやすいとまでは言えませんが、それでもKEYSーTOーGOよりは明らかにキータッチが軽いため、指が疲れず、長文を打つのにストレスがほぼありません。ただ、カタカタというタッチ音は結構するかな。静かなカフェだと隣の人に気を遣ってしまいそう。

 

黒一色で可愛くない問題に関しては、スマートキーボード用のスキンシールを見つけたので購入して貼り付けてみることにしました。

今回は水彩画風の花柄にしてみましたが、選びきれないほどたくさんあったので、飽きたらまた別のシールに買い換えてもいいかなと思っています。

とりあえずは黒一色問題もクリア!

 

iPad Air4と合わせても780gほど(全面にスキンシールを貼った状態で)と、軽さもこれまでで一番。

重い荷物を持ち歩くのが苦手な軟弱なわたしでも、バッグにぽんと放り込んでも苦にならない重さです。

 

これでキーボード遍歴も落ち着くといいな。

 

おいしくてびっくりした珈琲

七福神めぐりの帰り道。

本当は七福神めぐりの前に寄りたかったけど早起きできず行けなかったカフェがあったので、ちょこっと立ち寄ることにしました。

 

七福神めぐりを終えた目黒駅から、カフェのある白金台まで歩いて向かう途中には、東京都庭園美術館や自然教育園が。

庭園美術館では展覧会は開催されていなかったものの、お庭だけでも入れるとのことだったので、少しだけ寄り道していくことにしました。

 

展覧会開催中であれば、中にある『カフェ庭園』にも行きたかったのですが、会期中しか開いていないんですよね。

 

今回は旧朝香宮邸はお庭からちらっと見るだけにして、また開いているときに改めてお茶しに来ることにします。

f:id:emilin_balcony:20240111204724j:image

 

さて、庭園美術館を過ぎてすこし。

目黒駅から15分も歩かないうちに、お目当ての場所に着きました。

白金台の駅からだと5分くらいかな?

公園を抜けた先のビルの2階にあって、知らなかったら通り過ぎてしまいそうな場所です。

お店の名前は『白金台珈琲kuromimi lapin』。

 

小さな外階段を登ってお店の中に入ると、テーブル席がいくつかとカウンターくらいしかない小さなお店はほぼ満員でした。

奥のほうの壁際のカウンター席がちょうど2席あいていて、なんとか待たずに入れました。

 

チーズケーキと珈琲を注文。

 

ただ、珈琲と一口に言っても、メニューを開くと何ページにも渡っていて、それはもうたくさんあってよくわかりません……。

 

何でも聞いてくださいね、とマスターが声をかけてくださったので、

・割とさわやかめが飲みたい気分

・けどチーズケーキとも合わせたい

という希望を伝えていくつか選んでいただきました。

 

マスターは珈琲愛が全身から溢れているような方で、流れるように説明してくださったのですが、珈琲にうとくてよくわからなくて申し訳ない……。

ともあれ、おすすめいただいた中からコスタリカのラスコリナスのなんとかロースト、というものにしてみました。(覚えきれてない)

 

少しして運ばれてきたチーズケーキと珈琲。

チーズケーキには旬のいちごが添えられていて、みるからにおいしそう。

そして、ケーキと珈琲の器は大好きなロイヤルコペンハーゲン!

 

わくわくして珈琲をひとくち啜ると、ふわっとした香りのよさとおいしさにびっくりしました。

f:id:emilin_balcony:20240111220604j:image

 

「え、なにこれおいしい!」と思わず声に出してしまったほどです。

夫が頼んだデカフェも一口もらいましたが、そちらもデカフェとは思えないほどおいしかったです。

チーズケーキももちろん珈琲にぴったり。

 

家から少し離れていても、また絶対来たいと思えるカフェでした。

 

ほんと、おいしかったなぁ……。

 

白金台珈琲 Kuromimi Lapin

東京都港区白金台5-17-8-2F

営業時間:平日8:00~18:00、土曜日9:00~17:00

全席禁煙(何気に嬉しい!)

定休日:木・日

 

元祖山手七福神めぐり(白金台〜目黒)

七福神巡りに行ってきました!

以前勤めていた職場の方が新年に企画してくださる七福神巡り。今回はコロナ禍もあって4年ぶりの開催でした。

毎回いろんな七福神を巡るのですが、2024年は『元祖山手七福神』。

白金台の駅で集合して目黒駅の方まで向かいます。

久しぶりの開催とあってか、総勢30名弱の大所帯でした。

 

今回のコースはこんな感じ。

覚林寺(毘沙門天)→瑞聖寺(布袋尊)→妙円寺(福禄寿・寿老人)→大円寺(大黒天)→目黒不動(恵比寿神)→蟠龍寺(弁財天)

 

ちなみに、目黒からと白金台(もしくは白金高輪)から、どちらから廻るかでご利益が異なるという説も……。ただ、廻る順番は決まっていないとしているものもありますし、いずれにしてもめでたいということでいいのかな、と思います。

 

2021年のコロナ禍まっさかりの頃に「めぐろ観光まちづくり協会」さんが作成されたオンラインツアーもなかなか見応えがあって面白かったので、興味のある方はぜひ!

 

イベント情報 「山手七福神巡り2021(オンラインツアー)」| めぐる・めぐろ 〜めぐろ観光まちづくり協会〜

 

さて。今回は白金台の駅からスタート!

まずは【毘沙門天】の覚林寺に向かいます。

f:id:emilin_balcony:20240110124355j:image

 

お参りを終えて社務所を覗いたら、かわいいダルマ型のおみくじを見つけました。ひとつ500円也。どうやら毘沙門天様を象っているみたいです。

これ、もしかして七福神ぜんぶ揃えられるのでは……?と思い、ひとつ購入してみました。
f:id:emilin_balcony:20240110124359j:image

 

次に向かったのは、【布袋尊】の瑞聖寺。

ここにもダルマおみくじあるかな……?と探してみると、果たして。

布袋様のおみくじ、ありました! ころんとしてかわいい。

 

売店(?)の方に聞いてみると、やはり七福神揃えられるとのこと。

 

「これって七福神揃えるとおみくじを7回引くことになるけど、内容って全部違いますよね。どれを見たらいいんでしょう?」

ふと思った素朴な疑問を投げかけてみたところ、

「信じたい内容でいいと思いますよー」と、ふわっとした回答が返ってきました。

ま、いっか。と気楽に集めることに。

 

次に向かった妙圓寺は【福禄寿】と【寿老人】がひとつの場所にまとまっています。

おみくじも2柱並んで売られていました。

綺麗に咲いていた紅梅の花の前で記念撮影。

とてもお天気がいい日で、1月とは思えないくらいポカポカ陽気だったせいか、ダルマみくじも日を浴びて気持ちよさそうに見えます。

 

それにしても、この日は本当に暖かかったです。

歩いているとどんどん暑くなってきて、途中からはコートを脱いでいましたが、それでも汗ばむくらいでした。

喉が渇いてしまったので、お水を持って行ってよかったです。

 

次は行人坂の途中にある大円寺。こちらには【大黒天】が祀られています。

前にも来たことがあるお寺だなーと思ったら、雅叙園のすぐ裏手。

雅叙園の百段階段に来たときに寄ったことがあったのでした。

八百屋お七のゆかりのお寺でもあり、見どころも多いお寺です。


このあたりで、歩きはじめて約2時間弱。

そろそろおなかもすいてきましたが、楽しいランチは七福神をすべて回ったあと!

もうちょっとがんばって歩きます。

 

次は【恵比寿神】目黒不動です。

 

目黒不動の境内では十月桜が満開でした。

 

そして、ラスト! 蟠龍寺(ばんりゅうじ)の【弁財天】。

芸能や芸術を司る、七福神唯一の女性の神様だけあってか、可愛らしいお寺でした。

 

ダルマもいちばんかわいい。

 

朝10時から歩きはじめて、ゆっくりペースで約3時間。

打ち上げのビールと中華料理がおいしかったです。

 

無事揃った七福神ダルマは、並べてみるとよりかわいい!

なお、おみくじは大吉3つ・吉1つ・中吉2つ・末吉1つ。

ということで、いちばん多かった大吉を2024年の運にすることにしました。

 

2024年、いいことがたくさんあるといいなと願いを込めて。

年々なにもしなくなっていくお正月

2024年が明けました。

 

今年のおせちは昨年同様、市川のかずみ寿司さんに作っていただきました。

もともとおせち料理はあまり好きではなく、なますをつまむくらいだったわたしでも、盛り盛りと食べてしまうほどのおいしさです。

 

結婚したての頃(2021年)は、張り切っていくつかおせち料理を作ったりもしていたのですが、かずみ寿司さんで買うようになってからは、すっかりだらけてしまってお雑煮くらいしか作っていません。

 

我が家のお雑煮は干し椎茸と鶏肉で出汁をとり、三つ葉やかまぼこを添える程度のシンプルなもの。あとは粉末だしのスープスープも入れています。お味噌汁にもいつも入れているお気に入りのだし。

 

出汁でしっかり味に深みがついているので、あとはほんのちょっとのめんつゆ(もしくはお醤油とみりん)で味を整える程度。

 

今年のお雑煮には、いただきものの小松菜と、ゆずの皮をすりおろしたものも添えてみました。栄養もプラスできたし、ゆずの風味がさっぱりしてよかったです。

 

夫の家のお雑煮のレシピも聞いてきたので、来年は2種類作るのもいいかなと思っています。

なんにもしない分、せめてお雑煮くらいは。

 

あとはほんとになんにもせず。

大掃除もしないし年賀状も書かなかったし(昨年は大好きな身内が亡くなり、わたし自身は喪中ではないものの、なんとなく気が乗らないでいるうちに時期を逸してしまった……)。

毎年楽しみにしている初日の出も、今年は風が強かったのでベランダに出るのが億劫で、布団をかぶったままベッドから見る始末。

 

夫は元旦から市民マラソンで10km走ってきたのですが、わたしは駅まで見送ってから家に戻り、のんびりとウクレレを弾いて待っていました。

 

午後からちょこっと初詣に、市川真間の真間山弘法寺へ。

 

その後は夫の実家に行ってお屠蘇で新年のごあいさつ。

お屠蘇のセットは夫の亡き祖父母が結婚した頃にあつらえたものだそうで、年季ものですがいまだにぴかぴかです。

義母が用意してくれたご馳走をいただいてから、家の近くをお散歩して恒例のお昼寝。行くたびにわたしと夫がお昼寝をするせいで、最近では両親がお布団を干して待ってくれているのです。

嫁としてはどうかと思うのだけど、ついつい甘えてしまっています……。


夜はすき焼きをいただいて、おなかいっぱいになって帰ってきました。

 

うん……。

義両親のお世話にはなりまくったものの、自分からは特になにもしなかった年末年始でした。

 

年々お正月らしいことをしたり頑張ったりしなくなってきていますが、まあいいのかな。

ゆるっとした元日を過ごしたので、このままゆるゆると一年を過ごせたらいいなと思います。

 

そうそう。今日も散歩がてらお参りに行ってきたところヒーローに出会えました!

ザンドーさんという市川のご当地ヒーローらしいです。

馬(ユニコーン?)が可愛くてツボ。

激神ザンドーとは | 激神ザンドー 公式ホームページ

にほんブログ村 主婦日記ブログ ぐうたら主婦へ
にほんブログ村

2023年を振り返って

今年もあと1時間半ほどで終わり。

 

大掃除もおせち料理作りも泊まりの帰省も年賀状書きもしないため、あまり年末感を感じないままでしたが、今頃になってようやくじわじわと年の瀬の実感がわいてきました。

 

今年もいろんなことがあったな、と思います。

 

とても悲しいお別れもあったし、秋からは何度も風邪をひいたし。

いいことばかりでもなかったけど、振り返ると出てくる言葉はやっぱり『楽しかった!』の一言につきます。

 

年明け早々、友人たちに会いに群馬県の桐生に遊びに行ったり、母と妹夫婦と千葉の海沿いの温泉で見事な夕焼けを見たり。

夫の出張にくっついて行った仙台で新緑の中サイクリングしたり、兵庫県の宝塚大劇場まで母娘で繰り出したり。

 

ようやくイベントが通常通り行われるようになったおかげで、江戸川の花火大会や真間川の灯籠流しなど、念願のお祭りも楽しむことができました。

 

夫や家族、友人たちと楽しく過ごせたのがとっても嬉しいです。

 

ひとりの時間は、これまで以上に趣味のカフェめぐりの頻度がアップ。

スイーツの食べすぎでおなかがぽっこりして来たのは来年に向けての課題です……。

好きなカフェのいくつかで、すっかり顔を覚えられてしまったのは光栄な誤算。(いくら気を抜いていても、すっぴんボサボサでは出歩かないようにしようと心に決めたきっかけです)

 

来年はどんな年になるでしょうか。

今年以上にたっぷり遊べるといいな、と思っています。

 

気まぐれ更新のブログですが、来年は更新頻度も上げて行きたいです。

ご訪問いただいてありがとうございました!

 

来年もどうぞよろしくお願いいたします。