バルコニー日和

ほんのりと幸せな日々のよしなしごと

南部鉄瓶で白湯生活

昨年末、念願の南部鉄瓶を手に入れました!

鉄急須にするか鉄瓶にするか

南部鉄器に惹かれたとき、まず悩んだのがこちら。

鉄急須は文字通り「鉄でできた急須」。内側が琺瑯でコーティングされているので直火にはかけられません。

一方の鉄瓶はそのまま直火にかけられます。錆の元になるので沸かしたお湯はすぐに移し替える必要があるものの、沸かしてすぐに湯呑みやマグに注げるのはとっても楽。

お手入れも簡単で、ふたを取ってコンロにそのまま置いて乾燥させるだけ。

ちなみに鉄急須、鉄瓶とも洗剤で洗うのはNGだそうです。

 

急須の方が色鮮やかで好みのものが多かったのですが、お湯を沸かしてそのまま白湯で飲みたかったので鉄瓶にすることにしました。

どこで買おう?

実物が見たくて岩手県のアンテナショップ『いわて銀河プラザ』に足を運んだり、鉄瓶を置いているセレクトショップを覗いたりしていろいろ探しました。

ネットでも探していたところ、ふるさと納税サイトで見かけた「ブラックホール鉄瓶」にひとめぼれ。

岩手県奥州市のふるさと納税返礼品です。

奥州市の国立天文台チームがブラックホール撮影に関わったことを記念したコラボ品だとか。

ブラックホールを中心に渦巻く、赤とオレンジのグラデーションを鉄瓶と鍋敷きへ表現しました。 伝統紋様であるアラレを宇宙の星々に見立てております。  金メッキの茶こしが蓋と本体の隙間からキラリと光り、ブラックホールの妖艶さを演出しております。

ですって!壮大!!

 

さっそく注文して待つこと数週間。

届いたブラックホール鉄瓶は写真で見る以上の美しさでした。

眺めるだけで惚れ惚れ。

f:id:emilin_balcony:20220119202850j:image

 

容量は0.5リットル。届くまではちょっと小さいかな?と思っていましたが、ふたりぶんの白湯を沸かすにはちょうどぴったりのサイズ。

重さもちょうどよく、非力な私でも軽々と扱えます。

急須としても使えるようにステンレスの茶こしも付属しているのが嬉しい。

 

そして、見た目が素敵なのはもちろん。

鉄瓶で沸かした白湯、とっても美味しいです!

これまで電気ポットで沸かしていたお湯が味気なく感じます。

なんでこんなに違うんだろうって不思議になるくらい。

 

我が家では毎朝夫が白湯を入れてくれるのですが、マグカップに入れられた白湯をひとくち飲んだだけでどちらで沸かしたかすぐにわかります。

(電気ポットの白湯だと私があまり嬉しそうな顔をしないせいで、常に南部鉄瓶の白湯になりました!)

 

私が買ったブラックホール鉄瓶はこちら。

楽天で注文すると楽天ポイントが付くので、今回に限らずふるさと納税はみんな楽天でお願いしています。

白湯の沸かし方

白湯とは「(できれば10分以上)煮沸したお湯」のことなんだそうです。それを50度くらいまでさましてゆっくりと飲むのがよいのだとか。

鉄瓶は沸騰すると噴いてしまうので、沸騰直前にふたを取ってしばらくそのまま沸騰させています。ふたを取り損ねてコンロがお湯浸しになったことも何度か……なみなみ水を入れすぎ?

 

眺めてよし、使ってよしの南部鉄瓶。

美味しいし沸かすのも楽しいので、一日に何度もお湯を沸かしています。

経年劣化でどうしても錆が出たり色落ちしてしまうものらしいけど、できるだけ大切に、長く使っていきたいものです。

ウクレレ発表会

週末はウクレレの発表会でした。

 

秋にも一度ありましたが、そのときはいつもの教室に時間分けで何人かずつ集まって、その場で順番を決めてひとりずつ弾くという簡易なもの。

今回は、小さいとはいえホールで、サポートとしてドラム・キーボード・ベースなんかも入る本格的な発表会!

ほんとうは夏に行われる予定が、感染症の拡大でいったん中止になったものです。

 

今回私が弾いたのは『守ってあげたい』と『アメージンググレース』。

『守ってあげたい』はコードで弾き語り、『アメージンググレース』はメロディー演奏。

弾き語りはサポートの楽器がいくつも入ってくれるのでちょっとぐらい間違えても安心(?)ですが、メロディーのほうは先生のウクレレ伴奏が入るだけなので、間違えたらすぐにわかる!

ということで、どちらかというと『アメージンググレース』に力を入れて練習していました。

 

毎朝仕事の前に2曲通しで弾いて、夜も遅くならない時間にさらっと練習。

毎日すこしずつ練習の時間を設けて、夫にも強制的に聴かせて感想を求める日々でした。(夫は「いいね!うまくなったよ~」と必ず言ってくれるのでそれほど参考にはなりませんでしたが)

 

当日は朝10時半に会場入り。

行く前にももう一度練習して、念のため声が綺麗に出るようにとはちみつをなめてから出発しました。

 

会場のホールに着くと割と時間が巻いていて、10分くらい早く出番に。

まだまだと思っていたのにあっという間に控室に入る時間になってしまい、控室であわててチューニングをしました。

 

そして本番。

 

ライトを浴びて、マイクセットされて演奏するのはやっぱりいつもと全然違って緊張しました!

 

「練習は本番のように、本番は練習のように」

 

と先生に言われたアドバイスを思い出しつつ歌いだしたら、うっかりマイクオンにするのを忘れていて2小節くらい地声で歌っていたという。

スタッフの方がささっと寄ってきてマイクを付けてくれました。

危機一髪……。

 

肝心の演奏は、ちょこちょこ間違いはあったもののそんなに大きく乱れずに弾きとおせました!!

 

ウクレレを始めてやっと1年ちょっと。

ぜんぜんうまくならないのが悩みですが、発表の場を重ねるごとに楽しさも増している気がします。

 

終わった後2時間ほど受付も担当。

普段は個人レッスンでほかの生徒さんと出逢うことがほぼないので、こういった機会はやっぱり嬉しいです。一緒に受付をした方とのウクレレトークも楽しかった!

 

次の演奏会も開催されたら参加します♪

そのときまでにはもうちょっとうまくなっていたらいいなー。

 

そして余談。

私の出番を観たいと言ってくれていた夫、出演予定よりも早めに来てくれたのにスケジュールが巻いてしまっていたせいで、なんと私の演奏が終わった直後の到着……。
ホールが狭いので気を使って直前に入ろうとしてくれたのが裏目に出てしまいました。申し訳なかったけどそんな間の悪さも夫らしくてちょっとほほえましく。

お詫びをかねて、終わってからいっしょにお気に入りのカフェに行きました。

 

f:id:emilin_balcony:20220117211308j:image

 

グルテンフリーの美食コース〜ファンケルブラウンライスミイルズ〜

銀座5丁目、銀座通りに面した10階建てのファンケル銀座スクエアはファンケルの総本山。

化粧品やサプリメントのショップだけでなく、健康チェックができる機械を試せたりカウンセリングやセミナーを行っていたり、屋上庭園やギャラリーも備えています。

レストランは10階の和食と地下のイタリアンのふたつ。

 

今回は地下にあるイタリアン、FANCL BROWN RICE MEALS(ファンケル ブラウンライス ミイルズ)に行ってきました!

なんと、こちらではグルテンフリーのイタリアンがいただけるのだとか。

私がグルテンフリー(ゆるっとですが)をしていることを知った友達が提案してくれたのです。

実際は外食ではしょっちゅうグルテンを摂ってしまっているけど、こういうお店に行けるのは嬉しいし、なにより気遣いがとってもありがたいです。

 

今回はOZmallのプランを利用。

www.ozmall.co.jp

 

3,500円のコースにしてみました。けっこうな品数です!

【アペリティフ】FANCLケール青汁と旬のフルーツスムージー

【前菜】旬野菜と本日の鮮魚のサラダ仕立て

【温菜】FANCLコラーゲン入りスープ

【リゾット】発芽米「金のいぶき」焼きリゾット 

【メイン】イベリコ豚のタリアータ

【パスタ】BRM自家製玄米のペペロンチーノ

【ドルチェ】ドルチェミスト

【カフェ】コーヒーまたは紅茶

 

サラダ。ぷりぷりの鯛のお刺身が乗っていて食べ応えじゅうぶん。

f:id:emilin_balcony:20220114214641j:image

 

コラーゲンミネストローネ。f:id:emilin_balcony:20220114214636j:image

 

リゾット。ちいさいけどぎゅっと凝縮されていて美味でした!
f:id:emilin_balcony:20220114214638j:image

 

お肉。柔らかくてお酒がすすみました。

スパークリングワインとビールをいただいたのだけど、赤ワインでもよかったかも。

f:id:emilin_balcony:20220114214646j:image

 

玄米のペペロンチーノ。玄米麺がおいしい。

(もうこのあたりでおなかいっぱいでした!)
f:id:emilin_balcony:20220114214633j:image

 

ドルチェ。この美味しいティラミスがグルテンフリーなんて!と感動でした。
f:id:emilin_balcony:20220114214643j:image

 

とにかく美味しくて量もたっぷりだったので、グルテンフリーへのこだわりがまったくなくても楽しめます。

ティラミス美味しかったな~。

 

今回は久しぶりに会う友人とふたりでしたが、とっても気に入ったので夫ともぜひ行ってみたいです。

お料理も美味しいし、居心地もよくてつい長居しちゃいました。19時開始だったのに気付いたら閉店の時間に……。

 

10階の日本料理にも俄然興味が出てきました。

2階の『元気ステーション』で健康チェックもしてみたい!

www.fancl.jp

市川でむかえるお正月~おせちと初詣めぐり

あけましておめでとうございます。

 

市川に住んでいるわたしたち夫婦。

今年もそれぞれの実家にちょっと顔を出した程度で遠出をせず、3が日はほぼ市川市内で過ごしました。

 

おせち料理は市川駅南口にある『かずみ寿司』さんにお願いしたもの。

4段重に、美味しいおせち料理とお煮しめが綺麗に詰められています。

f:id:emilin_balcony:20220103220245j:image

どれもこれも美味しすぎて夫婦2人で2日で食べ尽くしてしまいました。

今年初めてお願いしましたが、来年も同じものにしちゃうかも。

 

かずみ寿司さんのおせちのおかげで今年はお雑煮くらいしかつくりませんでした。

楽なうえにおいしくて幸せって素晴らしい!

 

かずみ寿司

千葉県市川市市川南3-1-1  アプロード市川 1F

TEL.047-326-5463

 

そして、初詣も市川市内を巡りました。

 

まずはJR市川駅から徒歩15分程度の『真間山弘法寺(ままさんぐほうじ)』へ!

市川駅から大門通りをまっすぐ歩き、真間川を越えて真間山へ。

階段をのぼって行くと大きな仁王門が。

朝早かったせいか人もまばらでした。


f:id:emilin_balcony:20220103220259j:image

 

おみくじは土鈴に入っているものを。

十二支ぜんぶありましたが、今年の干支の寅にしてみました。

いくつもあるなかからいちばん可愛い顔の子を選び、見事に大吉!
f:id:emilin_balcony:20220103220253j:image

『やってみなくちゃわからない』シンプルでいい言葉だなーと思います。

やってみたことは,どう転ぶにせよ必ず自分を成長させる糧になる。

そのとおりですよね。臆せず進む一年にしたいです!

 

真間山弘法寺

〒272-0826 千葉県市川市真間4-9-1

JR市川駅から徒歩15分/京成市川真間駅から徒歩10分

 

次は市川真間駅から京成線に乗って京成八幡へ行き、下総国総鎮守の『葛飾八幡宮』へ。

大晦日の大祓に行けず、残念に思っていた茅の輪がまだありました。やっとくぐれて大満足!

f:id:emilin_balcony:20220103220250j:image

葛飾さんはおみくじやお守りの売り場が大混雑。

時間がかかりそうだったので、お詣りだけでそそくさと退散してきました。

人混みは好きじゃないけど、賑わいが戻ってきたのは嬉しいです。

 

葛飾八幡宮

千葉県市川市八幡4−2−1

TEL: 047−332−4488

JR・都営本八幡駅から徒歩10分/京成八幡駅から徒歩5分

 

京成八幡からまた京成線に乗って中山駅へ。

最後に向かったのは『中山法華経寺』。

参道が趣があって素敵なお寺です。釈迦大仏や五重塔もあって見応えあり!


f:id:emilin_balcony:20220103220233j:image

 

参道にはたくさんの屋台が並んでいました。

なつかしの射的はもちろん、
f:id:emilin_balcony:20220103220238j:image

りんご飴!

ほかにもあんず飴、やきそば、たこ焼き、イカ焼き、ケバブ、今川焼きなどなど……
f:id:emilin_balcony:20220103220256j:image

 

境内では猿回しも!
f:id:emilin_balcony:20220103220242j:image

 

歩き疲れて参道にある中華料理屋さんでビール。おいしかった~。
f:id:emilin_balcony:20220103220236j:image

 

しょっぱいもののあとはあんみつで口直し(?)。
f:id:emilin_balcony:20220103220230j:image

 

法華経寺の参道にはぷっくり太った猫が何匹もいました。

いいもの食べてるんだろうなぁ……。
f:id:emilin_balcony:20220103220301j:image

 

中山法華経寺

〒272-0813  千葉県市川市中山2-10-1 

TEL 047-334-3433

JR下総中山駅から徒歩10分/京成中山から徒歩5分

 

たっぷり歩いたあとのビールと甘味は沁みました!!

どの駅も京成線もJRも近いので、一日で3箇所余裕で回れるのが嬉しいです。

 

帰りはもう一度京成線で八幡まで戻り、ヤマダ電機でお買い物をして夕食を食べて帰りました。一日大満喫。

 

御利益たくさんありますように。

お正月の準備

季節を楽しむのが大好き。

12月はクリスマス月間と称してプレクリスマスランチを1回、ディナーを2回ほどし、余すことなくクリスマスを楽しみました。

クリスマスが終わったらつぎはいよいよお正月です!

 

準備は28日までに行うのが基本ですが、クリスマスまではどうにもそちらに気が向いてしまっているので、毎年クリスマスが終わってから慌ただしく準備をしています。

今年もぎりぎり28日にお買いものに出かけて買いそろえてきました。

 

29日は「二重苦」につながるといって縁起がよくないとされるし、31日は「一夜飾り」といって年神様に失礼に当たるからよくないそう。

実家でもよく母が「一夜飾りになっちゃうから早くしないと」と言っていたのを思い出します。

 

ところで年神様って?

よくわかっていなかったので改めて調べてみたところ、年神様は各家々に幸せをもたらしてくれるお正月の神様で、元旦に日の出とともにいらっしゃるそうです。

お飾りや門松、鏡餅はみんな年神様をお迎えするための準備なんだそう。

 

今年は青山フラワーマーケットでお飾り、お花(獅子舞のマスコット付き)、ミニ門松を購入しました。

 

f:id:emilin_balcony:20211230232844j:image

お花。本当は桜の花や水仙を狙っていたのですが、獅子舞付きに惹かれました。

『福餅』というネーミングも可愛らしくて即決。


f:id:emilin_balcony:20211230232850j:image
お飾りは紅白の梅の花がとっても可愛くてこちらもひとめぼれでした!

 

ちなみに門松はふたつ並べて飾ることが多いですが、とくにふたつ必要なわけではないのだそう。

年神様への目印なのでひとつでも大丈夫ですよ、と教えていただきました。

f:id:emilin_balcony:20211230232847j:image

 

ミニ鏡餅は紀ノ国屋で、だいだいの代わりに来年の干支の寅が乗っているものを。

 

あとはお掃除!

年末と言えば…の大掃除も、年神様をお迎えするに当たっての準備なんだそうです。

たしかに、目印の門松をわざわざ立てて年神様をお呼びしているのに、家の中がぐちゃぐちゃだと失礼ですもんね。

 

特に大掃除らしいことはしていないものの、いつものお掃除をちょっとだけ丁寧にしてみました。

 

あとは大晦日におせち料理を引き取りに行き、年越しそばを食べるだけ。

(おせち料理はつくりません…)

 

ちょっとしたことだけどお正月の準備を整えたので、すっきりと年を越せそうです。

早く来い来いお正月♪

東京クリスマスマーケット!

日比谷公園で行われている『東京クリスマスマーケット2021』に行ってきました。

 

日比谷のクリスマスマーケット、通勤の通り道だったのでコロナ前はよく仕事帰りにふらっと寄ってはひとりでビールを飲んでいました。

見ず知らずの方からビールをご馳走になったりすることもあって、ひとりでも楽しめたのを思い出します。

 

今年は事前予約制。

当日券も出ているようですが週末は予約だけでいっぱいだとか。

 

今回は夜19時に予約しました。

待機列でしばらく並んで待ち、時間になったらぞろぞろと。

f:id:emilin_balcony:20211221202247j:image

 

申込時のメールからログインしてQRコードを表示し、かざして入場です。

ここで、予約してくれた夫がなぜかサイトにログインできないというハプニングが。夫のハプニングはいつものことなので私はあまり動じませんが、夫はおろおろ。

係りの方に受付メールを見せて名前を伝え、何とか中に入れました。よかった。

 

入場前に、テーブルに置かれたマグカップをひとりにつきひとついただけます。

ホットドリンクを飲む場合はこちらのマグカップを利用すれば、会場内で改めてマグを買う必要がありません。ただ、もともとついているマグは赤、中で買えるのは白なので、コレクション好きな方は両方買うのも楽しいかも。

ビールを飲むときは最初にビアグラスのデポジット1000円を支払い、最後にビールを飲んだお店にグラスを返却するシステムです。(こちらは持って帰れません)

 

予約制だから多少はすいているかと淡い期待を抱いていたものの、中は大混雑!

今回は日曜の夜。コロナ前に行っていたときは平日の夜、それも早めの時間だったからか、こんなに混んでいるのは初めてなくらい。場所によっては歩くのも大変なほどでした。

 

飲食の列はどこも行列でしたが、比較的空いているお店を見つけてさっそくビールとソーセージを。

大好きなザワークラウトがついているのが嬉しい!

f:id:emilin_balcony:20211221202244j:image

 

テーブルはどこもいっぱいだったので、二人分のスペースがやっとあいていた噴水のヘリに腰かけて乾杯!

夫はホットシードルを飲んでさっそくほろ酔いになっていました。その一杯しか飲んでいないのに翌日二日酔い……私も強くないけど夫は輪をかけてお酒弱めです。すぐ酔えちゃうのでコスパよしですね。


f:id:emilin_balcony:20211221202241j:image

 

私はビールはすいすい飲めてしまったので2杯目も。

寒い夜で体が冷えたので、女性に一番人気だというピーチのグリューワイン。

受付でいただいたマグに入れていただきます。あったまりました~!
f:id:emilin_balcony:20211221202250j:image

甘くていくらでもいけます!

ごろごろした桃(缶詰かな?)が入っていて美味しかったです。

 

かつてデンマークにひとり旅した時、クリスマスイルミネーションに彩られたチボリ公園をグリューワイン片手にほろ酔いでそぞろ歩いたことを思い出しました。

海外は当分行きづらそうだけど、できたらまたデンマークに行きたいな。

 

リンツのお店の前にはリンツベアーのツリーが。
f:id:emilin_balcony:20211221202239j:image

 

寒さと混雑のあまり1時間くらいで退散し、日比谷シャンテのあたたかい店内でビールを飲みなおしました。

お土産にはクリスマス柄のランチョンマット購入。

 

短い滞在時間でしたが、久しぶりにクリスマスマーケットの賑わいを味わえて楽しかったです。

来年も行けるといいな♪

 

tokyochristmas.net

みんなわかってもらいたい

先日のことです。

横断歩道で信号待ち中、中年の男性が大声で怒鳴っていました。

どうやら誰かにぶつかられたらしいのですが、ぶつかった人は自転車か何かで通り過ぎた後だったのかな? 誰にともなくひとりでずっと悪口雑言。

 

どんどんエスカレートしていく怒声に、私含め何人もいた信号待ちの人たちはみな会話を止めてシーン……。

いたたまれない雰囲気に(早く信号変わって~!)と心のなかで祈っていました。

 

そんなときほどなかなか変わらないんですよね。

 

すると、ひとりの高齢のご婦人が、怒鳴り続ける男性ににっこりと微笑んで

「ごめんなさいって言えばよかったのにねえ」と一言。

 

すると、男性はとたんに嬉しそうに顔を輝かせて

「そう!そうなんだよ!まったくよぅ!!」

と、ご婦人に向かって、ぶつかってきた人がいかにマナー違反かを語り始めました。

ご婦人は笑顔のまま適当にあいづち。

 

やがて信号が変わると、ご婦人はなおも話し続けたそうな男性に
「それじゃあね、さようなら」と言って颯爽と去っていきました。

話を遮られた格好になった男性ですが、にこにこしたまま

「おう!すまなかったね!」とご婦人に何度も頭を下げていました。

 

鮮やかすぎる……!!

 

ついさっきまでみんな身を固くしていたのに、ご婦人の一言で一気に場の雰囲気が柔らかくなりました。

あの男性、わかってもらえたって思えてよっぽど嬉しかったんだろうなぁ。

 

怒鳴ったり怒ったり、負の感情を吐き出すときって、自分のことをわかってほしいんですよね。

とはいえ怒りを向けられた人は不快だし何されるかわからなくて怖いから遠ざかって、本人は「わかってもらえない!」って傷ついて、ますます怒って……の悪循環。

 

そしてきっとあのご婦人は怒っていた男性にというより、身を縮めて黙り込んでいた信号待ちの人たちに助け船を出してくれたんだろうな、と思うのです。

たしなめるのではなく、笑顔でその場を収めた機転と強さに憧れます。かっこよかったなあ。

 

ああいうことがさっとできる女性になりたい。

いきなりご婦人のようにはできないのでまずは家族や職場の人など、身近な人から。