バルコニー日和

のんびりと過ごす日々のよしなしごと

【あすつく】もっともっと、自由なあしたへ

鹿沼聡美さんの著書『自由なあしたをつくるレシピ』略して”あすつく”が発売されました!

つくり始めから極細々とお手伝いをさせてもらっていたので感無量。

 

※画像クリックでBOOTHの販売ページに飛びます※

f:id:emilin_balcony:20240524001951j:image

内容のよさはもちろんながら、書籍製作のプロである聡美さんの夫のむねぴ氏の力もあって、書籍としてのクオリティがまずすごい。

表紙は吸い付くような触り心地のよさだし、本文も別冊レシピも紙質や捲りやすさまで考えられていて、つい手に取りたくなります。

手にするひとのことを考えた、こういうちょっとしたこだわりも嬉しいです。

 

そしてそして、内容も、こんなに盛り沢山でいいの? というくらい充実しています。

薬膳&分子栄養学の知識やご自身の経験を活かして、栄養の講座を開いたり、かんたんでおいしいお料理レシピ、ライフマネジメントなどを広めている聡美さん。

彼女のこれまでが、ぎゅっと凝縮して綴じ込められています。

タイトルに『レシピ』とあるとおり、聡美さんご本人が紆余曲折を経てたどり着いた、彼女自身のレシピ=秘訣がたくさん。

 

食に向き合うようになったきっかけから、食事の取りかたや食材の選びかたなど。

更にそこから、自分のこころへの向き合いかた、心地いい人間関係のつくりかた、などなど。

 

まずは食を整えて身体とこころの土台をつくり、自分らしくいられる場所をつくっていった過程がていねいに記されています。

別冊として、とっても使えるかんたんおいしいお料理のレシピ帖まで!

ちなみに、表紙含め書籍内の写真はすべて聡美さん自身が撮影されています。写真がきれいでおしゃれなのも魅力のひとつ。

 

そして、本書で聡美さんが繰り返し書かれている、一番伝えたいこと。

それは『自分で選び、決める』こと。

 

書かれているのはあくまで聡美さんが見つけた、聡美さん流の『レシピ』であって、ヒントにするのはいいけれど「これが正解」と頼り切るものではないということ。

大事にするのは、まずは自分がどうしたいか。

それぞれの自分らしさを見つけていくのが、それぞれの『自由なあした』をつくっていく、ということです。

 

わたしは聡美さんのオンラインサロンに発足当初から入っているのですが、聡美さんの好きなところのひとつとして『まっすぐ』というのがあります。

ここぞと思ったことには気の済むまで取り組むし、いいことはもちろん、心のモヤモヤや葛藤すら(もちろん言える時に、言える範囲で)正直に伝えてくれる方なんですよね。

そんな、嘘のない、いい意味での不器用さが好きで、だからこそ聡美さんの言葉は易しいのに響くんだろうなと感じます。

 

自分で選んで、自分で決める。

そのための『レシピ』がたくさん散りばめられた一冊です。

 

なお、別冊お料理レシピ帖はキッチンに常備しておきたいレベル。

わたしはここのところ、グルテンフリーのふんわりたまご蒸しパンをせいろでつくるのにはまり中です。

 

購入はBOOTHから。

booth.pm

 

★余談★

そうそう。

わたしなぞがどこを手伝ったのかと言うと、書籍のタイトルのアイデア出しやコラムの選定、QAページの原稿などです。あとは最後に梱包もちょっぴり。

提案したタイトル『桐生に生まれて』は瞬時にボツになりましたが、いま思えばボツでほんとによかった……!

プロジェクトメンバーと何度もカフェで集まっての打ち合わせ、学園祭の準備みたいなわくわく感があって楽しかったなぁ。

有楽町で純喫茶モーニング★喫茶ローヤル★

有楽町駅前、東京交通会館地下の喫茶店『ローヤル』。

 

そういえば昔からずっとあるなと思っていたら、なんと創業は昭和40年(1965年)とのこと。

東京交通会館の竣工が1965年なので、ビルができた当時からあるということですね。正真正銘のレトロ喫茶です。

禁煙(吸いたいひとには喫煙可能なスペースあり)になっているので、タバコを吸わないわたしにもありがたいお店です。

 

学生時代から宝塚観劇の合間などによく行っていましたが、最近ではモーニングでの利用が多め。この日も、日比谷での仕事の前に立ち寄りました。

 

有楽町駅を出て、交通会館の階段を降りればすぐにローヤルの入り口です。

ステンドグラスに大理石の壁、赤い椅子など、雰囲気抜群で入る前からわくわく。

モーニングサービスは平日の8:00〜10:30限定。

コーヒーか紅茶に厚切りのトースト、ゆでたまご、サラダがついて700円です。(2024年5月現在)

蒸し暑い朝だったのでアイスコーヒーを注文しました。

トーストに添えられているのは、懐かしのマーガリンといちごジャム。

マーガリンなんてこんなときくらいしか食べなくなってしまったかも。

ローヤルの紙コースターには『ROYAL』の文字と王冠マークが描かれています。

 

店員さんは白髪の男性が多く、リアル執事感を楽しめるのも醍醐味です。

なんでも50代〜70代の男性ばかりだとか。

 

観劇友達とあーだこーだ言いながらわいわい過ごしたり、こうやってひとりで朝のひとときを楽しんだり。歴史が長い分、思い出もたくさん。

 

ついつい長居してしまいそうになるのを堪えて、仕事へと向かう朝でした。

 

片隅のシャンデリアもひそかに好き。

 

 

ロック音痴のメトロック

東京・新木場で行われたロックフェス『メトロック2024』。

ロック好きな夫に連れられて、5/19(日)に行ってきました。

METROCK 2024|メトロック 2024

 

 ウクレレだのボーカルだの習ってるくせに、ロックどころか音楽全般詳しくないわたしですが、夫の影響でほんのちょっとずつフェス慣れはしてきました。

 

フェスによっても違うとは思いますが、知らないアーティスト(わたしの場合ほとんど知らない)でも一緒に盛り上がれたり、芝生の上にごろんと転がれたり、屋台でフェスご飯も楽しめたりと、開放的でまさしく“フェスティバル”感が楽しめるのが、わたし的フェスの醍醐味。

 

真夏のフェスに比べれば、5月のフェスは熱中症や日焼け対策もすこしだけ気を抜けるのが嬉しいです。

 

メトロックは大阪と東京で開催されていて、東京の会場は新木場の若洲海浜公園。

新木場駅からシャトルバスで15分くらいの場所にあります。

会場内はもちろんですが、駅のバス乗り場までも、降りてから会場までもそこそこ歩くので歩きやすい靴は必須です。

 

当日は午後からのんびり向かい、フードエリアに直行してまずはお昼ごはんにしました。

椅子が並べられた大きなテントを囲むように配置されたたくさんの屋台のなかから、エスニック料理のお店を選んでガパオライスと自家製ノンアルモヒートを。

椅子に座りきれない人たちはコンクリートの上に直接腰掛けたり、芝生にピクニックシートを広げている人たちも。

 

ステージは3箇所あり、フードエリアにいても、近くのステージからの音が聞こえてきます。

今回は行きませんでしたが、エコエリアといって金継ぎやアクセサリー作りなどのワークショップなどをしているブースもありました。

 

メトロックは、以前2回ほど行った蘇我スポーツ公園のロッキンジャパンなどに比べると規模は小さめかなと思います。あまり広くても迷子になりそうだし、個人的にはちょうどいい広さ。

何より、蘇我のロッキンは混みすぎていたせいかスマホが使いものにならなかったので、電波が繋がってほっとしました。

 

ガパオを食べつつ、うっかりし忘れていた天気予報チェックをすると、なんと夕方から雨!

しかも。一番夫が見たがっていたステージの時間はどしゃ降りの予報でした……。

 

フェス会場は人でごった返しているので、当然のように傘は使用禁止です。

撥水加工のパーカーを着て行ったので多少の雨なら大丈夫とは思ったものの、ちょっぴり心配に。

 

食後最初に向かったステージは夫曰く有名なバンドとのことでしたが、わたしは例によって知りませんでした……無知すぎて申し訳ない。

とはいえ、知らないバンドでも盛り上がれるのがわたしの長所。まるで元から知っているかのように、音楽に合わせて腕を振りあげて楽しんできました。

 

その後は雨がパラパラと降ってきたため、次のステージは夫だけに行ってもらって、しばしフードエリアの屋根の下に避難して雨宿り。

温かいスープなどを飲みつつ、備え付けられたモニターで、これから出演予定のHYDE(夫がラルク好きなのでさすがにわたしでも知っている)が生中継のインタビューに答えているのを見たりしていました。

HYDE、レッサーパンダの可愛さをひたすら力説していて可愛かったです。

 

そんなHYDEのステージはわたしも見たくて、小雨のなか張り切って向かいました。

どしゃ降りになったらどこか屋根の下に逃げ込もう……と思いつつ。

最初の1曲は雨が降って寒かったのですが、だんだんと雨が上がってきました。

天気予報ではどんどん雨足が強くなりそうだったのに、その後はずっと雨に降られず。

途中でラルクの曲『HONEY』が始まると一気に観客が増え、ステージ後半も、ジャンプしたりタオルを振ったり大盛り上がり。

ちなみにわたしはフェスタオルを持っていなかったのでタオルハンカチを振りました。小さくて振りやすかったけど側から見たら微妙だったかも。

気がついたら、肌寒かったはずがちょっぴり暑くなっていました。

 

そんな勢いのまま、次に向かったのはこちらも夫が好きなのでわたしも覚えた9mm Parabellum Bulletのステージ。

何ミリか覚えられず、8ミリって言ってしまったこともあるのは秘密です。

(そしてきゅーみり、のあとはいまだに読めない)

 

コロナ前のフェスでは、夫(当時は彼氏)にくっついてステージ前方に行ったらうっかりモッシュに巻き込まれてしまったりもしましたが、今回はモッシュ禁止なので安心して前方へ。かっこよくて迫力満点でした!

 

帰りはまたシャトルバスで新木場駅へ。

幸運なことにシャトルバスで座れ、駅からも乗りたい電車がすぐにやってきて、こちらも空いていて座って帰ることができました。フェス帰りとは思えないほどのスムーズさ。

気がついたら雨にもほとんど降られなかったし、ラッキー続きの1日でした。

楽しかった!

 

 

 

 

 

結婚式3周年の推しホテル活

結婚式から3年が経ちました。

恒例のお祝いは式を挙げた椿山荘で。

 

宿泊して美味しいお食事を食べて、あとはサプライズプレゼントとしてケーキとお花が夫から贈られるのがお決まりです。

といっても、サプライズも3回めなので、もはやすっかりサプライズではなくなっています……。

うっかり夫に「ケーキ今年もある? あるなら昼間おかし食べないでおこうと思って」と言ってしまい「えっと……それ言っちゃうとサプライズじゃないから……」と返されてしまった妻。

 

できれば記念日当日にホテルにいたいので、記念日の前日か当日に宿泊することにしています。

今回は平日のため夫は夕方まで仕事。

わたしは午後休を取って先にホテルに向かい、スパでトリートメントを受けてきました。

 

椿山荘のスパは結婚式前に月一で通っていました。

いまでは記念日に行く程度なのに、担当の方も受付の方もわたしのことを覚えていてくれて、いつ行っても心地よい対応をしてくださいます。

 

今回受けたのは宿泊者限定のボディコース、90分。

トリートメントの前に温泉につかり、終了後はフルーツをいただいてゆっくり。

その間に夫も椿山荘に到着し、チェックインを済ませてくれていました。

 

今回のお部屋は最上階の14階でした。

お庭がよく見えて見晴らしよし。

f:id:emilin_balcony:20240518143357j:image

最近のホテルにはなかなかない、ヨーロピアンクラシカルな雰囲気が大好きです。

記念日なのでシャンパンフルボトルのプレゼントやスタッフの方々からのメッセージカードまで。うれしい。
f:id:emilin_balcony:20240518143404j:image

 

椿山荘で式を挙げた3年前の2021年は、新型コロナウイルスの影響真っ只中。

ホテルの宿泊客も少なく、バーは休業、ブライダルの担当の方も週何日かは別会社に出向されていました。

その年の3月には椿山荘を運営する藤田観光が大阪の結婚式場『太閤園』を売却し、椿山荘もいつどうなるかわからないな、と不安に思ったのをよく覚えています。

 

いまではインバウンド需要で客足も戻ってきているとは思うものの、毎年の椿山荘ステイは大好きな椿山荘がずっと続いてほしいという思いも込めた、ささやかな『推し活』でもあるのでした。

スパトリートメントにプール、ルームサービスやラウンジ、チェックアウト後のランチまで、滞在中はたっぷり椿山荘の施設を利用しています。

 

泊まった日の夕食は、のんびりしたかったのと、ホテルからのプレゼントのシャンパンを飲みたかったこともあってルームサービスに。

食後には、今年も無事夫からのサプライズ(?)ケーキが届きました。

f:id:emilin_balcony:20240519135308j:image

そして、式の際とっても素敵なブーケを作っていただいた『一会』さんの大きな花束も、夫からの恒例のプレゼント。

3年めの今年はひまわりの花がたくさんの、元気いっぱいの明るい花束でした。
f:id:emilin_balcony:20240519135305j:image

 

翌朝はお庭をお散歩して雲海や庭の七福神巡りを楽しんだり、今年から始まった鯉のぼりを見上げたり。

f:id:emilin_balcony:20240519135637j:image

 

スパのプールやジムも堪能しました。

ジムにはこれまで足を踏み入れたことがなかったのですが、ウェアを貸していただいて初挑戦。

足踏みマシン(でいいのかな。ステップマシン?)をしたり、バランスボールでスクワットをしてみたり。取りすぎたカロリーを少しでも消費すべく汗を流してきました。

 

平日の朝のスパラウンジは、会員の方々が朝食をとりつつおしゃべりされていて(これぞセレブ……!)とわくわくしたりも。

 

チェックアウト後は鉄板焼きランチをいただいて、記念日ステイをたっぷり満喫しました。f:id:emilin_balcony:20240519135643j:image

鉄板焼きのデザートにもアニバーサリープレートつき。

夫が頼んでくれたようで「昨日も今日もお祝いプレートになっちゃった」と照れていましたが、お祝いは何度でも嬉しいので問題なしです。

f:id:emilin_balcony:20240520165830j:image

 

また推し活に伺いますね!と心で呟きつつ、椿山荘を後にしました。

次は蛍の時期にお茶しにこようかな。

 

hotel-chinzanso-tokyo.jp

 

コンタクトのサブスク

高校生の頃くらいまでは目がよかったのに気がついたらどんどん視力が下がっていき、いまではベテランの域に入るコンタクトレンズユーザーです。

 

ハードレンズや普通のソフトも試したことはありますが、目に負担がかかりにくいと勧められてからはずっとワンデータイプ。

乱視ががっつり入っているので乱視用のワンデーコンタクトレンズを愛用しています。

 

定期的に同じものを購入し続けていたのですが、あるとき、いつも行っているお店とは別のコンタクト屋さんに行ったところ、サブスクを紹介されました。

わたしの目にあったレンズがサブスク対象にあればお得ですよ、とのこと。

 

併設の眼科で検査したところぴったりのレンズがあったので、晴れてサブスクを開始することにしたのでした。

足りなくなったらすぐに取りに行けるし、使用途中で度数が変わった場合、前回のレンズが残っていても交換してもらえるという便利さが気に入っての契約です。

 

ただし、3ヶ月に一度は眼科で診察を受けないといけないとのこと。

網膜剥離で手術(全身麻酔で3週間ほど入院しました……)をしたことがあり、定期的に目をチェックしたかったのでちょうどいいかなと通い続けていましたが、正直、眼科のあまりの混み具合にだんだんうんざりしてきました。

なにせ、1時間半以下で帰れたことがないレベル。

あるとき休み明けに行ったら、開店30分前に着いたのにわたしの前に受付を済ませた人がすでに30人以上。

受付に記載されている待ち時間は、なんと『120分〜』! 会計が終わるまでだと、2時間半くらいはかかりそうでした。大学病院や、ディズニーのアトラクション並みです。それも、美女と野獣とかソアリンクラス。

 

その日は予定も詰まっていたのでコンタクト購入は諦めて、翌日、出先の同じメーカー加盟店を探して行ってみると、タイミングもよかったのかガラガラ。

スムーズに検査〜診察〜コンタクト購入までを済ませることができたのでした。

眼科医の方がやややる気なさそうで「はい異常なし、おわりー」と一瞬で診察が終わったのはちょっぴり気に掛かりましたが、網膜剥離の定期検診なら他の眼科で行ってもいいので問題なし。

 

しかも、新しく行ったお店で伺ったところ、わたしが入っているサブスクプランには、処方箋有効期間内なら自動で追加コンタクトを配送してくれるサービスもあるのだそうです。

これまでの店舗では直送サービスを行っていなかったので初めて知りました。

定期的に家まで送ってもらえるなんて、とっても助かる!

 

コンタクトのための診察は処方箋の有効期限が切れる半年に一度でよくなるし、それまでは自動で届くから店舗に足を運ばなくてもいいし、サブスクのメリットをこれまで以上に享受できそうです。

 

ちなみに利用しているのはこちら↓

www.menicon.co.jp

上野のぼたん苑へ

少し前のことですが、上野公園に行きました。

お目当ては園内で食べられるおいしいあんみつだったのですが、まさかの臨時休業。

 

ショックな気持ちのまま、その代わりというわけでもないのですが、ちょうど上野東照宮のぼたん苑が見頃だというので見ていくことにしたのでした。

上野東照宮ぼたん苑

 

今年は5/8(水)までの開苑だそうです。冬ぼたん、春ぼたん、秋のダリア等、お花が咲いている時期だけ中に入れます。入苑料は大人1,000円。

f:id:emilin_balcony:20240507183056j:image

ぼたんの咲く季節に来たことがあまりなかったこともあり、上野公園には数えきれないくらい足を運んでいるのに、ぼたん苑の中に入るのは初めてでした。

平日だったのに思っていた以上に人がいるな、という印象。

お天気のいい日だったし、上野公園は人気の観光スポットですもんね。

わたしも上野公園は好きな場所です。

 

さて、ぼたん苑。ささっと見て帰るつもりが、思った以上に苑内が広く……というか、東照宮の参道に沿って細長く続いているので、思った以上に距離がありました。

ぼたんの花がずっと続いていて、見応えもじゅうぶん。
f:id:emilin_balcony:20240507183100j:image

 

大輪のぼたんは色もとりどり。

こんなにたくさんの色があるんだ、というのも発見でした。
f:id:emilin_balcony:20240507183115j:image

華やかなピンク色はやはり目を惹きます。

ところどころに、和を意識しているのか、牛車のような設えがしてあったり和傘が差し掛けられていたり。
f:id:emilin_balcony:20240507183118j:image

せっかく美しい生花がたくさんあるのに、なぜか造花の紫陽花が添えられていたりしたのはちょっぴり不思議でしたが……。


f:id:emilin_balcony:20240507183122j:image

苑内には『ぼたん苑45周年』の記載も。

上野らしく、ミニミニパンダもちょこんと置かれていたりして可愛らしかったです。
f:id:emilin_balcony:20240507183111j:image

 

黄色いぼたんもあり、めずらしいね!と言っていたら、その後しばらく黄色いぼたん尽くしだったりも。
f:id:emilin_balcony:20240507183103j:image

 

ぼたん苑を出ると、上野東照宮の煌びやかな社殿はもう目の前。

f:id:emilin_balcony:20240507183945j:image

 

ぼたん苑たのしかった! 

大輪の華やかなお花に幸せな気持ちになりました。

想像以上に満喫できたので、秋や冬の開苑の際にも来てみたいなと思います。

 

上野東照宮公式ホームページ

 

神田のカフェでシフォンケーキ

妹との待ち合わせの前、すこし時間があったので新日本橋駅で下車。

お気に入りの喫茶店に寄っていくことにしました。

 

住所は神田ですが、新日本橋や三越前からも近いカフェ・ビィオット。

いつもはモーニングで来ることが多く、週末の昼下がりは久しぶりでした。

 

ちょうどランチが終わったあとの時間帯だったせいかあまり混んでおらず、のんびりとした空気感。

f:id:emilin_balcony:20240506230909j:image

 

席も選べたので、テーブルランプのあるお気に入りの席に座りました。

 

初めて頼んだシフォンケーキは、ふわふわというよりはしっかりめの焼き加減。

生クリームとはちみつが添えられていました。

しっかりした味わいのコーヒーによく合います。

 

ビィオットは広さもあり、席間もゆったり取られていて、誰かと来てもひとりでも落ち着ける空間です。

 

コーヒーといっしょにしばしのんびり、手帳などを開いたりして過ごしました。

 

のんびりしすぎて妹との待ち合わせ時間に遅れそうになって慌ててしまうというオチも。焦った……(走りました!)。

 

 

ちなみにモーニングではチーズトーストがお気に入りです。

サラダとヨーグルト、ゆでたまご付き。

朝からがっつりになるのでお昼が軽めになりがちです。

f:id:emilin_balcony:20240506230302j:image

 

※なお、店内外の撮影禁止ですが飲食物は撮っていいとのこと※

 

カフェ・ビィオット – 自家焙煎珈琲屋 since 1973 Kanda Tokyo